ピルを飲んでいるというと、性に関してだらしないですとか自己管理が出来ないという印象を持たれがちかも知れません。ですがピルには避妊目的に限らず女性の身体にとって嬉しい効果が多々あります。ピルの知られてない秘密をこちらで紹介したいと思います。

血栓ができにくいピルの処方について

月経困難症の改善や避妊目的で使用されるピルはさまざまな種類がありますが、共通してよくうたわれる副作用は「血栓ができやすくなる」ことでしょう。血栓ができると、脳梗塞、心筋梗塞など、血栓がつまってしまった部位によって変わるものの、大きな副作用として注視されています。そのため、喫煙者には処方できない場合があります。喫煙者の場合、血栓ができるリスクが非常に高くなるためです。以上のことから、むくみ、激しい頭痛などが起きたらすぐに医療機関に相談、受診するよう指導されます。内服中の人には、他医療機関を受診する際、ピルを内服中であるというカードの提示が推奨されています。
ですが、近年、ピルの効能としての成分はそのままに、体への副作用を非常に軽くしたピルが開発、販売されるようになりました。大きな副作用である血栓のリスクを下げるだけではなく、吐き気、胸の張り、頭痛など小さな症状でも以前の薬に比べ症状の発現を大幅に低下させる、体に優しいピルです。
婦人科を受診することで、医師からの処方により入手することができます。主に月経困難症の改善を目的とした場合保険適用にて処方されますが、緊急避妊用などでは保険がきかず、全額自己負担での処方となることがありますが、副作用の少ないピルも、以前のピルに比べ値段に大きな差がないのも特徴です。ただし、喫煙者の処方に関してはまだリスク高と判断されており、どうしても内服を希望する場合には禁煙が必要です。
ピルは何かと敬遠されがちですが、生理痛を軽くする、出血量を少なくする、生理周期を整えるなど、リスクだけではなくメリットも多いのです。
毎日内服を忘れないことが条件ですが、女性の生活改善に大きく貢献できる薬です。