ピルを飲んでいるというと、性に関してだらしないですとか自己管理が出来ないという印象を持たれがちかも知れません。ですがピルには避妊目的に限らず女性の身体にとって嬉しい効果が多々あります。ピルの知られてない秘密をこちらで紹介したいと思います。

ピル開発は副作用との戦いの歴史、食後に服用しよう

今や世界中に広く普及しているピル、我が国においても、諸外国に遅ればせながら、ようやく低用量ピルが解禁となったことを受けて、服用し始める女性も増えてきたようです。ピル開発の歴史は、副作用との戦いの歴史でもあるといわれており、避妊効果を維持しながら、できるだけ副作用を少なくしようという試みがずっとなされてきました。その努力のかいあって、ようやくこの低用量ピルが誕生し、副作用を極力少なくすることができ、身体に不調を感じることなく、安全に服用できるようになってきたのです。しかしながら、医薬品である以上、副作用がゼロではありません。またその感じ方にも個人差があり、服用しても全く何も異変が起きない、という方もいれば、抑えきれないほど吐き気がする、という方もいます。副作用の現れ方としては、不正出血や頭痛、吐き気、浮腫などが挙げられますが、いずれもピルが身体に慣れてくれば自然と治まるので、それほど心配することはありませんが、一か月、二か月飲み続けても、まだ現れるようであれば、ピルとの相性が悪いということも考えられるので、違う種類のピルを処方してもらうように、医師に相談してみましょう。どうしても身体に合う、合わないがある薬だといわれているので、自分にぴったりくる薬が見つかるまで、数種類試して見た、という女性も少なくありません。また、服用後には必ず吐き気がする、という方の場合には、食後少したってから飲むようにするほうが良いでしょう。ピルは基本的にいつ飲んでも良い薬です。自分の生活習慣を考え、どのタイミングならば、飲み忘れることなく服用できるかを判断しましょう。毎日一錠決まった時間に飲む、ということが大切なので、自分の生活習慣の一部に組みこむことが、飲み忘れを防ぐ秘訣でもあります。