ピルを飲んでいるというと、性に関してだらしないですとか自己管理が出来ないという印象を持たれがちかも知れません。ですがピルには避妊目的に限らず女性の身体にとって嬉しい効果が多々あります。ピルの知られてない秘密をこちらで紹介したいと思います。

ピルの避妊以外の効果とは

女性が男性に頼らずとも、自分だけの意思で、確実に妊娠を避けられる方法であるピルの服用、先進諸国での普及率には及ばずとも、我が国においても低用量ピルが解禁となったことを受けて、徐々に生活習慣に取り入れ始めている女性も増えています。
近年では、仕事を持つ女性も増えており、予期せぬ妊娠は人生設計を大きく狂わせてしまいかねない重大事件なので、子供を持つという気持ちが固まるまでは、妊娠は回避できるようにしたいと考えるのは当然でしょう。
さてこのピルには、高い避妊効果があるだけではなく、女性の日常生活の質を、格段に向上させてくれるという、素晴らしい効能が期待できるのです。
ピルを服用するようになると、毎月の生理周期が安定し、生理不順か改善されます。
まるでカレンダーのごとく、自分の生理予定日がしっかりと把握できるので、仕事やプライベートなど、スケジュール管理がしやすくなります。
生理期間になると、身体が絶不調になってしまうという女性も非常に多く、大切な予定とかぶらないようにしたいと考える方も少なくありません。
ピルを飲めば、自分の生理日が確実にわかるので、前もって予定を組みやすくなります。
また、経血量が驚くほど減少するので、ひどい生理痛に悩まされていた方などは、ブルーディでも普段通りに楽に過ごせるようになるので、身体の負担が全く違います。
頻繁に生理用品を取り変えなければならない煩わしさもなくなり、においや蒸れ、かぶれの悩みも解消されます。
加えて、月経前症候群の緩和や更年期症状の緩和、大人ニキビの改善など、女性に取っては、うれしい効果がたくさん期待できます。
ピルを飲むようになって、生理前のイライラがすっかりなくなったという女性も少なくありません。

ピルは通販で買うとお得?

ピルは日本のドラッグストアや通販では販売されていません。
それは医師の処方箋がなければ購入することができない処方薬となっているためです。
子宮内膜症や月経困難症などの症状がある場合には健康保険適用で医師から処方箋を受けて安く手に入れることができますが、避妊やニキビの改善目的などの病気の治療以外にピルが欲しい場合にはすべて自費での負担となってしまいます。
健康保険が適用されないため価格が安い病院でも診察料とピルの代金を合わせると3000円ほどかかってしまいます。
「1カ月3000円くらいなら出しても良いかな」と思うかもしれませんが、ピルは飲んでいる間だけしか効果がないので、継続して避妊などを行う場合には毎月3000円以上の出費を行って行かなくてはならなくなります。
「もっと安くピルを購入したい」という場合には、通販を利用するという方法があります。
「日本では通販できないんじゃないの?」と疑問に思うかもしれません。
しかしネット上にはピルを通販で購入できるサイトがたくさんあります。
これらのサイトは海外で販売されているピルを現地から発送してもらう個人輸入の代行業者のサイトなのです。
日本国内では自分で利用する分量ならば海外から医薬品やサプリメントを購入することは認められているため、何の問題もありません。
海外で普通にドラッグストアなどで販売されているピルは送料を入れても1か月分2000円以下になるものがほとんどで、日本の病院で購入するよりもお得です。
さらにまとめ買いをすることで割引を行っているサイトもあるため、継続して使用したいと思う場合にはまとめ買いで本体の価格も送料も安く済ませることができるのです。

ピルは目的に合ったものを選ぶ

ピルとは、エストロゲンとプロゲステロンという女性ホルモンが入っている薬です。
ピルを服用することで、体のホルモンバランスを整え、妊娠しているのと同じような状態にして、排卵を抑制します。
ピルを服用することで、妊娠しているのと同じような状態になるため、排卵しなくなり、避妊の効果を得ることができます。
ピルというと避妊薬というイメージがありますが、それ以外にも、月経に伴うトラブルの改善やホルモンバランスの変化による効果、排卵を抑制することによる効果、長期服用による効果があります。
月経に伴うトラブルとは、月経痛や月経不順、子宮内膜症などの改善に効果があり、ホルモンバランスを整えることで、ニキビの改善や多毛症の改善に効果があります。
また排卵を抑制することで、卵巣のう腫や子宮外妊娠の減少、長期服用によって、良性の乳房疾患の減少や子宮体がんのリスクを低下させること期待されます。
日本でピルを手に入れるには、医師の処方箋が必要で、産婦人科などを受診して、医師に処方箋を発行してもらいます。
産婦人科での診察に抵抗があるという場合には、通販でも購入することができますが、初めてピルを服用する場合には、できれば産婦人科を受診しておいた方がよいでしょう。
ピルといっても目的に合ったものを選ぶことが大切です。
毎日服用して避妊効果を得たい場合には、低用量のものがおすすめですが、性交渉後に避妊を行いたいという場合には、緊急避妊薬を服用する必要があります。
ただ、緊急避妊薬は、緊急的に避妊を行うもので、急激に生理を引き起こして妊娠を防ぐ薬ですから、それだけ女性ホルモン量も多く、副作用が強くでる場合があります。
また正しく服用することでほぼ100パーセントの避妊効果を得られる低用量ピルとは違い、完全に妊娠を防げるというわけではないので、あくまでも緊急用として使用するようにしましょう。

■ピルの役割について解説しています
ピルの全て
■継続的に通院すると診察費がかかってしまいますので、ピルは通販がおすすめです
トリキュラーは通販で買える